• こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

メニュー

  • こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック
子育て応援コラム

子育て応援コラム「ありのままを受け入れてみよう」

子育てアプリ 2018年8月のコラム

 テーマ:ありのままを受け入れてみよう
 精神科医 明橋 大二(あけはし だいじ) プロフィールはこちらから

ついつい子どもにキレてしまう背景には、子どもにありえない理想を求めてしまう(6月のコラム参照)ことと、親御さんが非常にまじめだ、ということもあると思います。
きちょうめんであったり、責任感が強かったり、子どもの一挙手一投足が、自分のせいだ、自分の育て方のせいだと思ってしまうのです。
しかし、子どもというのは、育て方によって180度変わるというものではありません。むしろ、子どもが生まれたときから、決まっている部分も非常に大きいのです。ですから、後はもうなるようにしかならない、ということです。
「じゃあ、何で子育ての講演会なんかするんだよ、意味ないじゃないか」ということになるのですが(笑)、もちろん、育て方が関係する部分もあります。けれどやはり、持って生まれた性格というのがあるのです。それは、親にもどうしようもないこともあるのです。
しかしそれは、決して悪いところばかりではないはずです。その子の長所でもあるはずです。だから子育てというのは、ある意味で、「子どもの、持って生まれた長所を発見して伸ばしていく」ということではないかと思うのです。

ついつい私たちは、子どもを変えようと思っています。それは大事なことでもあるのですが、変えようと思っているということは、逆にいえば、「今のあんたはダメだ」ということなんですね。要するに、否定のメッセージを送っているということです。
「ダメだから、変えなければならないのではないか」と言うかもしれませんが、全部が全部、悪いわけではありません。それを「変えよう変えよう、もっとああしたら、こうしたら」となっているということは、「今のあんたはダメだ」という否定のメッセージを送り続けていることになります。
ですからたまには、「この子はこの子なりに精いっぱいやっている。しかたないのだ」と、大人もちょっと肩の力を抜くことも、必要ではないかと思います。
平たくいうと、「あきらめる」ということです。
「この子はこういう子なんだ」と、見てみると、案外、子どもなりにがんばっているところや、いいところが見えてくると思います。

トップへ戻る

子育て応援コラム

子どもの急病のとき

イベントカレンダー


  • 今週のイベント
  • 今月のイベント
イベントほうこく
予防接種スケジュール

子育てアプリ

  • Goole Play
  • App Store
品川区ホームページへ

ページトップに戻る