• こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

メニュー

  • こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

中学生向けリスト

『グッドジョブガールズ』

草野 たき/著
ポプラ社

 あかりと由香と桃子は、仲良しは似合わないと「悪友」と呼び合っている。いつもいっしょにいるけれど、家族や恋の悩みは絶対に話さない。あかりは、そんな関係に、物足りなさを感じていた。
 そんな中、由香から小学生最後の思い出づくりに、全国大会優勝を目標に、チアダンスをしようと提案される。

『しばしとどめん 北斎羽衣』

花形 みつる/作
理論社

 ある名月の夜、為一の父親が老人を背負って帰ってきた。その老人を、あの有名な「葛飾北斎」だと言い張る父親。いっこうに絵を描こうとしない老人を疑いながらも、世話をするが…。
 老人は、本当に北斎なのか?現代に北斎が現れた目的とは?時空を超えた不思議な物語を読んでみませんか。 

『赤いペン』

澤井 美穂/作  中島 梨絵/絵
フレーベル館

 町でささやかれている、不思議なペンのうわさ。中学二年の夏野は、うわさの真相を知りたいと、このペンについて調べ始める。そんな夏野を、町の文学館に務める草刈さんや、クラスメイトの春山も手伝ってくれる。
 ペンを拾った人たちから話を聞くと、うわさとはちがう物語が隠されていた。

『ABC!曙第二中学校放送部』

市川 朔久子/著
講談社

 曙第二中学校放送部は、部長の古場と副部長の本庄の二人だけ。新入部員が入らなければ、部がなくなってしまう。そこで先生の提案で、勧誘のため、昼の放送をする。
 その後、新入部員三人が入部し、放送コンクール全国大会に出場することになった。 

『ここで土になる』

大西 暢夫/著
アリス館

 熊本県の五木村頭地地区田口にある、大イチョウの周りには、お堂や広場、共同墓地があり、村を見守ってきた。
 そんな五木村に、ダム建設の話がもちあがる。村人たちが次々と村を去り、残ったのは尾方さん夫婦と大イチョウだけとなった。

『スモーキー山脈からの手紙』

バーバラ・オコーナー/作  こだま ともこ/訳
評論社

 スモーキー山脈国立公園にあるホテル、「スリーピータイム・モーテル」。
 このホテルの主人アギーおばさんは、ホテルを売ろうとしていた。そんなとき、4つの家族が、ホテルへやってきて…。
 その出会いが、アギーおばさんを素敵な結末へと導いてくれます。 

『渋谷ギャル店員 ひとりではじめたアフリカボランティア』

栗山 さやか/著
金の星社

 渋谷でギャル店員をしていた著者は、旅をしたアフリカ・モザンビークで、多くの人が病気や貧困に苦しみ、亡くなる現実を目の当たりにする。そして、ひとりでNPO「アシャンテママ」を設立し、ひたむきに支援活動をはじめた。
 彼女の活動を追ったノンフィクション作品。

『コービーの海』

ベン・マイケルセン/作  代田 亜香子/訳
鈴木出版

 事故で義足となってしまった少女、コービー。以来、義足であることを受け入れられずにいた。
 そんなコービーだったが、座礁したクジラの親子を助けたことで、周囲との関係に次々と変化が訪れていく…。
 そして、コービーの人生が、再び動き始める。 

『あまねく神竜住まう国』

荻原 規子/作
徳間書店

 10代で伊豆に流された源頼朝は、日々命をねらわれ、生きる気力を失いかけていた。そこへ、かつて頼朝を救った草十郎たちが現れ、共に暮らし始める。
 しかし、その土地の若者と争った頼朝は「大蛇の洞窟」に投げこまれてしまう。そこで、土地神である神竜を前にした頼朝は、本来の力を取り戻していく。

『美雨13歳のしあわせレシピ』

しめの ゆき/作  高橋 和枝/絵
ポプラ社

 ある雨の日、家に帰った美雨を待っていたのは、いつもと違う風景。家事などしたこともないお父さんが、台所で本格的な料理をしていた。お母さんが家出をしたのだ。それから美雨は、 今まで知らなかった家族のあゆみを知っていく。
 美雨が見つけた、しあわせになる方法とは? 

『イーダ 美しい化石になった小さなサルのものがたり』

ヨルン・フールム/トルシュタイン・ヘレヴェ/文
エステル・ヴァン・フルセン/絵
河野 礼子/監修  遠藤 ゆかり/訳
訳創元社

 古い時代の生き物たちを研究する学者たちは、驚きの声をあげました。
 「なんて美しい化石なんだろう。なんて完璧なんだ!」
 これは、人間もまだいない4700万年前の、ちいさなちいさな子ザルの化石のものがたりです。

『月にハミング』

マイケル・モーパーゴ/作  杉田 七重/訳
小学館

 イギリスのブライアー島に住む少年アルフィが、父と漁をしていると、無人であるはずのシリー島から、何かの音が聞こえてきた。行ってみると、話も出来ず、記憶を失った少女に出会った。家に連れて帰り、家族として過ごすうちに、少女は少しずつ回復していくのだが…。 

 

このリストは、品川区立図書館の図書館員が、中学生のみなさんに読んでほしい本を選んだものです。

教育委員会事務局品川図書館

子どもの急病のとき

イベントカレンダー


  • 今週のイベント
  • 今月のイベント
イベントほうこく
予防接種スケジュール

子育てアプリ

  • Goole Play
  • App Store
品川区ホームページへ

ページトップに戻る