• こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

メニュー

  • こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

3・4年生向けリスト

『ウナギのいる川いない川』

内山 りゅう/著  揖 善継/監修
ポプラ社

 ウナギは、日本から2500キロメートルはなれたグアム島近くの海でうまれます。やがて、黒潮にのって日本やアジアにやってきます。昔はたくさんいたニホンウナギが、今、絶滅の危機にあります。ウナギを守るには、どうしたらよいでしょう。
 みんなもいっしょに、考えてみてね。

『きかせたがりやの魔女』

岡田 淳/作  はた こうしろう/絵
偕成社

 たいていの小学校には、魔女や魔法使いがいるらしい。ある日、ぼくは、黒い服をきた魔女に声をかけられた。話をきいてほしいと言う。
 とつぜんみんながおどりだす「踊り場の魔女」など、きかせたがりやの魔女が話す6人の魔女と魔法使いのおはなし。

『おしりをふく話』

斎藤 たま/文  なかの ひろたか/絵
福音館書店

 今は、どこのトイレにもあたりまえのようにあるトイレットペーパー。でも昔は、紙はとても貴重なもので、トイレで使うぶんはありませんでした。では、トイレットペーパーのなかったころは、いったいどうしていたのでしょう。
 野山にあるものを上手に使った、昔の人のちえや、暮らしがわかる本です。

『菌ちゃん野菜をつくろうよ!』

あんず ゆき/文
佼成出版社

 土の中にいる「菌ちゃん」の力を使って野菜をつくってみよう!菌ちゃんがたくさんいる土は、栄養がいっぱいで、おいしい野菜がつくれます。菌ちゃんはみんなの体の中にもいて、元気な体にしてくれます。
 「菌ちゃん」のすごい力を見てみましょう。

『大坂城 絵で見る日本の城づくり』

青山 邦彦/作  北川 央/監修
講談社

 みなさんは、城がどのようにつくられたか知っていますか?
 この本では、たくさんの人の手で大阪城がつくられていく様子を紹介しています。
 みなさんも、日本の城づくりのひみつをのぞいてみませんか。

『まんぷく寺でまってます』

高田 由紀子/作  木村 いこ/絵
ポプラ社

 裕輔の家は「万福寺」というお寺です。裕輔は、夏休みにおぼうさんになるための勉強会へ行きました。けれど、裕輔の夢は、マンガ家になることです。
 おぼうさんになんかなりたくないと思っていた裕輔ですが、クラスメイトの美雪やおじいちゃんのおかげで、少しずつ気持ちが変わっていきます。

『ペットのきんぎょがおならをしたら……?』

マイケル・ローゼン/作  トニー・ロス/絵  ないとう ふみこ/訳
講談社

 子犬がほしくてたまらなかったエルビーに、ママが買ってきてくれたのは、きんぎょでした。そこでエルビーは、きんぎょに「フワフワ」というなまえをつけ、げいをおしえることにしました。
 フワフワは、エルビーのしじで、おしりからあわを出せるようになります。

『チキン!』

いとう みく/作  こがしわ かおり/絵
文研出版

 いいたい事はなんだってはっきりいう転校生の真中さん。いっていることはまちがっていないけれど、だんだんと浮いてしまう。しかし、そんなまっすぐな真中さんにも、傷ついた過去があり…。
 まちがったことをがまんしたり、見て見ぬふりをしたりしてきたぼくらの毎日は、真中さんによって一変した。

『月は、ぼくの友だち』

ナタリー・バビット作  こだま ともこ/訳
評論社

 幼いころに両親を亡くし、祖母と二人で暮らしていた少年、ジョー・カジミール。夢は天文学者になり、月を守ることです。そんな少年のもとに、ある日思いがけない知らせが届きます。
 億万長者に「あとつぎになれ」と言われ、ジョーや周りの人たちはどういう答えを出すのでしょうか。

『日本語あそび学』

倉島 節尚/監修  稲葉 茂勝/著  ウノ・カマキリ/絵
今人舎

 昔から、わたしたちは言葉にルールを持たせ、しりとり・だじゃれ・回文など、言葉あそびを楽しんでいます。
 言葉あそびを通して、日本語のすばらしさを知ることができます。
 チャレンジコーナーもあるので、解いてみてね。

『日本の伝説 はやたろう』

堀切 リエ/文  石井 勉/絵
子どもの未来社

 修行をしながら旅をしている、弁存というお坊さんが、遠江の国にやってきた。そこで弁存は、おそろしいばけものの存在を知る。
 弁存はばけものをたおすため、ばけものが恐れるはやたろうをさがしに行き…。

『森の小さなおはなし 雨の日のせんたくやさん』

にしな さちこ/作・絵
のら書店

 雨の日にだけお店をひらくかたつむりのせんたくやさん。せんたくものを雨水にぬらして、きれいにしてあげるのがしごとです。ある日、かたつむりの三姉妹がやってきましたが、すえっこのきげんがわるいようで…。
 小さな森に住んでいる、いろいろないきもののおはなしです。

 

このリストは、品川区立図書館の図書館員が、3・4年生のみなさんに読んでほしい本を選んだものです。

教育委員会事務局品川図書館

子どもの急病のとき

イベントカレンダー


  • 今週のイベント
  • 今月のイベント
イベントほうこく
予防接種スケジュール

子育てアプリ

  • Goole Play
  • App Store
品川区ホームページへ

ページトップに戻る