• こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

メニュー

  • こどもとしょかん
  • じどうセンターしょうかい
  • TEEN'S PLAZA
  • こそだてルーム
  • イベント・講座
  • 施設マップ
  • 子育て支援情報
  • 子育て支援コラム
  • 子育てライフバランスチェック

1・2年生向けリスト

『やさいの花』

嶋田 泰子/文  埴 沙萠/写真
ポプラ社

 やさいも 野の草花と おなじように 花をつけます。その花は、色も形も ばらばらです。
 花のだいじなしごとは、実やたねをつくって しそんをのこすことです。
 みんなが いつもたべているやさいは、どんな花を さかせるでしょう。

『なきむしこぞう』

今村  葦/ さく  酒井 駒子/え
理論社

 しずかな なつの ゆうがた。もちぬしの おとこのこから いつもひどいめにあわされていた ぬいぐるみの、ぞうと、きりんと、らいおんは、いえでをすることにしました。
 でも、おとこのこが 3びきが いなくなって おおなきしているとしって…。 

『はちみつ』

ふじわら ゆみこ/文   いせ ひでこ/絵
福音館書店

 おとうさんは みつばちをかっていて、はちみつをとるしごとをしています。はるになり、はなからはなへと いそがしくとぶ みつばちたち。そのときどきで いちばんみつをだしている はなで はちみつをつくるのです。
 はちみつは たくさんのはなと みつばちからの おくりものです。

『にわとり城』

松野 正子/作  大社 玲子/絵
こぐま社

 びんぼうでのろまだけど、こころのやさしい むすこがいました。たくさんかっていた にわとりたちもいなくなり のこったのは めんどりが一羽だけ。
 いっしょにたびにでると、まっくらな森に まよいこみます。夜のまものと なぞなぞ対決をすることになり…。 

『ウォーリーと16人のギャング』

リチャード・ケネディ/ぶん  マーク・シーモント/え  小宮 由/やく
大日本図書

 ある小さな町に、16人のギャングたちがやってきました。町の人がこまっていると、ちびっこのしょうねん ウォーリーが、しょうぶをいどみます。
 かしこいウォーリーは、あの手この手を つくして、ギャングたちを おいこんでいきます。

『ねこの看護師ラディ』

渕上 サトリーノ/文  上杉 忠弘/絵
講談社

 きずだらけでやせっぽちのこねこ ラディ。ラディのいるしせつには、かんじゃさんが いっぱいやってきます。
 けがをした動物(どうぶつ)たちは、ラディがちかづくと、みんなおちついて しずかになります。
 ラディは、今日(きょう)も ねこのかんごしとして、はたらいているのです。 

『干したから・・・』

森枝 卓士/写真・文
フレーベル館

 野菜やくだものを干したら、どうなるの?世界では、どんなものが干されているの?
 どうして干すのか、干したらどうなるのか、この本を見るとわかります。
 みんなも いろいろなものを 干してみよう。

『ソーニャのめんどり』

フィービー・ウォール/作  なかがわ ちひろ/訳
くもん出版

 三ばのひよこを おとうさんから わたされて、「わたしが おかあさんに なってあげるね」と たいせつにそだてはじめた ソーニャ。やがてりっぱな めんどりになり、たまごも うむようになりました。
 ところが、あるさむいよる とりごやから おそろしいおとがして…。 

『おにぼう』

くすのき しげのり/作  伊藤 秀男/絵
PHP研究所

 母鬼とおにぼうは、山の中で、しずかにくらしていた。ある日のこと、鉄砲の玉にあたった母鬼は、おにぼうに「人間をうらんではいけない」と言って、しんでしまった。
 そのいいつけを守って、おにぼうは、村の子どもたちと遊ぶようになったが…。

『わたしのそばできいて』

リサ・パップ/作  菊田 まりこ/訳
WAVE出版

 字をよむのがきらいなマディは、みんなのまえで 声をだして本をよむのも だいっきらい。つっかえると みんなにわらわれてしまうのです。
 そんなマディが としょかんで であったのは、犬(いぬ)のボニー。ボニーは、マディのおはなしを じっときいてくれます。 

『うおいちば』

安江 リエ/ぶん  田中 清代/え
福音館書店

 きよの かぞくは うおいちばで はたらいている。
 きょうは うおいちばに つれていってもらう やくそくのひ。うおいちばに つくと おじいちゃんが あんないをしてくれた。
 きよは いちばで いろいろな さかなのなかから きんめだいを かっていく。

『まるごと ごくり!ロシアの昔話(むかしばなし)』

シンシア・ジェイムソン/再話  アーノルド・ローベル/え  小宮 由/やく
大日本図書

 むかし、おじいさんとおばあさんが、土をやいて 男の子のかたちをした、土ぐうをつくりました。すると、土ぐうは立ち上がり、「はらへった!」とさわぎながら、村中のものを つぎつぎと食べていきます。
 いったい村はどうなってしまうのでしょう? 

 

このリストは、品川区立図書館の図書館員が、1・2年生のみなさんに読んでほしい本を選んだものです。

教育委員会事務局品川図書館

子どもの急病のとき

イベントカレンダー


  • 今週のイベント
  • 今月のイベント
イベントほうこく
予防接種スケジュール

子育てアプリ

  • Goole Play
  • App Store
品川区ホームページへ

ページトップに戻る